読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚生活。

夫とは、好きな音楽のイベントで知り合い半年後に結婚しました。

お互い、ろくに働きもせず、ずっと一緒にいたけれど街にいればお金もかかるので借金をしていました。

夫が『結婚を前提に付き合ってほしい』と言ってくれたので、私はもちろんYESで一緒に住む部屋を探し始めました。

もう大人だし結婚も意識したので、きちんと親に話をして筋を通してから同棲しようと思いました。

そして、私の父に話すと『結婚が前提なら今すぐ結婚しなさい』と言いました。

理由は、娘の同棲をうかうかと認めている親だと思われたくない。と言う事でした。

夫に、その事を伝えると、それならすぐ結婚しようか、と決断してくれました。

住居も入籍日も決まったので、私はそそくさと実家を出て夫と一緒に新居へ住み始めました。

けれど、やっぱり私は親と癒着しているので新居は実家から徒歩5分という立地でした。

入籍するまでの2ヶ月間、婚約中であるのに、父は『それは同棲だ!許さない!』と言って何度も実家に私を呼び出し文句を言うのでした。

そんなこんなで、始まった結婚生活はとても自由で楽しいものでした。

夫は知り合った当時、パチスロの攻略本を作っている会社で働いていました。

当然ながら、夫は大のパチスロ好きでデートでもよくパチンコ屋へ行っていました。

私の父は、昔から土日といえばパチンコ屋へ行く人だったので、ギャンブルをする人に私は全くと言っていいほど抵抗がありませんでした。

むしろ、父もできないパチスロが出来る人なんだ♡なんてトキメいている位でした。

しかし、最初の数年一緒に楽しんだだけで、私は次第にあまり興味が無くなりました。

結婚して、2人の借金を家計から返済する事に奮闘していたので、それどころではありませんでした。

当時、私も夫も給料がそこそこ良かったので2人で300万あった借金も3年ほどでほぼ完済しました。

私は、返済の終わりが見えてきて年齢は32。不動産を買いたいな、なんて夢を膨らませていました。

ところが、夫にその話をすると頑に『家なんていらない』と言います。

夫はまだ20代だから、ピンと来てないのかな。と思っていました。

そして次第に、夫婦喧嘩がひどくなっていき、それどころでは無くなります。

喧嘩の原因は、あまり覚えていません。

その後、夫のうつ病発症と同時に発覚した借金200万円で、家が欲しくなかった理由がはっきりとしたのです。

結婚するとき、今まではいい加減に借金をしてお金を使ってきたけれど2人で一緒にきちんとした人生を歩もう。と約束していたので、私はそれを信じてやってきたし立ち直りたいと思っていた。

けれど、夫が全然違う方向を向いていた3年間だったと思うと悲しかった。

そして、うつ病

家族には、離婚をすすめられた。姉には、覚悟がないのに迂闊な選択をしてはいけないと言われた。

私は、その助言をふまえ姉に言われたとおり、うつ病の夫と生きる覚悟をした。

しかし、驚く事に夫のうつ病は1年足らずで、すっかり良くなり、代わりに私が精神を病んでしまった。

家事、掃除、何もしたくない日々。カーテンも開けたくない。なーんにもしたくない。

生活はどんどん荒んでいった。

そんな生活の中、夫は働きながら私の面倒をみてくれるやさしい人だった。

私は暴君に育てられた暴君。自分の怒りは全て夫にぶつける。

35歳で父の会社に入ってから、さらなるストレスを抱えた私は、より夫に当たり散らかした。

15年間、私の相手は大変だったと思う。